【懐古】デジタルモンスター【携帯液晶玩具】

2017.06.18.23:25



ちょっと前に友人との間で話題になってたデジモン20周年バージョン


懐かしいなー、もう20年も前なんだなーなんて思いつつ実家を漁っていたら・・・案の定出てきました初代デジモン。


IMG_1739.jpg




一番最初に出たVer1のグレーとブラウン両方とも持ってたはずなんだけど、残念ながら片方はパッケのみで中身が見当たらない;
その他にも懐かしい感じの携帯液晶ゲーム機が色々。

当時は結構パッケージとかまでキッチリ取っておくタイプだったんだなぁ。
残念ながら保存状態はあまりいいとはいえませんけどw








一応デジモンをメインで取り上げるつもりでしたが、せっかくなので他のもざっと紹介します。




まずはやはりなんといってもこれでしょう。
キーチェーン型ゲーム機ブームの火付け役、たまごっちです。

IMG_1740_20170618215845626.jpg


1996年11月23日にバンダイから発売。
当初は女子高生をメインターゲットにした携帯ペットというコンセプトだったのですが、これが女子高生のみならず子供やOLなんかにも受けて、爆発的ヒットで社会現象にまでなったんですよね。

ただペットにエサやったりうんち流したりして育てるだけの今やったらその辺のスマホのゲーム以下のゲーム性なんですけど、当時は本当にペットのように可愛がって寿命が来て死んでしまうとペットロス症候群のようになってしまう人もいたほどでした。


とにかくどこに行っても中々手に入らなくて、もはやゲーム性云々よりも『たまごっちを持っている』という事が一種のステータスと化してましたね。

学校や職場等でたまごっちがピーピー鳴くのが問題視されたり、忙しい人向けの『たまごっち託児所』なるものが出来たりとかしてました。
また、当時は白いたまごっちが激レアだと言われていて、希少価値が高く数万円で取引されていたほど。
これを手に入れるために売春行為まで行なう若者が現れるなど社会問題にもなっていました。

しかしこれ、唐突に廃れていった印象だなぁ。
一応その後もいくつかに分けてシリーズ展開していたり、アニメや漫画にもなったりはしてたんですけどね。
なんとなくあの熱狂ぶりはポケモンGOに通ずるものがあったな。ポケGOのあの謎の大ブームでなんとなくたまごっちブームのような熱を思い出した人は多いんじゃないかな。





続いてちょっとマイナーなのかもしれないけど、個人的にかなり好きだったウェーブユーフォー
バンダイから1997年に発売されたみたいです。

IMG_1742_20170618215846f3c.jpg


デンパ星人と呼ばれる宇宙人を育てるゲーム。
空気が汚れたり、体力が衰えたりすると呼び出し音が鳴り、たまごっちのようにお世話をする育成ゲーです。

このゲームの最大の特徴は、電波を受信する事でデンパ星人が成長(進化)する点。
携帯電話やPHSの受発信電波をキャッチするとビビビ!っと感電したようなエフェクトが出て、4回に1回ほどデンパ星人が姿を変えます。

実はこれ電子レンジでも反応して成長するので、よくレンジを空で回して受信して、親に電気代の無駄だと怒られてましたw

普通に持ち歩ているだけでもあちこちで電波を受信してしまうので、お気に入りの形態になっても気付いたらまた別の姿になってた・・・なんてことも。まぁその目まぐるしく姿形が変わる所が面白いところでもあるんですけどね。

デンパ星人のバリエーションもかなり豊富で、グレイのような典型的な宇宙人みたいなやつや火星人みたいなヤツ、なんだかよくわからないヘンテコリンなやつなど様々。
ミニゲームもスロットやじゃんけん等、そこそこ面白かった記憶があります。






さて、ここからはキーチェーンではないんですけど、似たような携帯型ゲームで万歩計タイプのもの。


IMG_1741_20170618215845b65.jpg

1998年3月27日に任天堂から発売。
当時爆発的人気を誇ったピカチュウと触れ合える万歩計方ゲーム、ポケットピカチュウ。
外箱がベコベコになってるわ・・・w


恐らくはこれがHGSSのポケウォーカーの原型。
また、ポケットピカチュウの機能とポケウォーカーの機能を併せたものがポケモンGOであるとも言われている。


歩くことでワット(電気)が貯まり、ワットをピカチュウにプレゼントする事で親密度を上げていくゲーム。
仲良くなるほど画面の中のピカチュウが自分に近づいてきて、様々な仕草を見せてくれるようになる。

万歩計の歩数がカウントされる(=歩く)と画面の中のピカチュウも一緒に歩き出すんだけど、これがまた可愛らしい。
とにかくひたすらピカチュウが可愛いゲーム。
家の中でポケットピカチュウを振りまくって腱鞘炎になりかけた小学生はきっといっぱいいると思うぞ!



ちなみに1999年11月21日には、ポケットピカチュウカラーが発売。
液晶画面のカラー化を行った新型機で、ただでさえ天使なピカチュウさんがカラーになったぞ!

IMG_1743.jpg


金・銀といっしょ!というサブタイトル通り、ポケモン第二世代(金銀クリスタル)との連動要素があった。
貯めたワットを赤外線通信で第二世代へ送る事で、アイテムが手に入る。
確か貰えるのはボールとか木の実とかおまけ程度の道具だったと思うけど、この辺もまんまポケウォーカーですよね。

後はポケピカのキティちゃんバージョンのポケットハローキティとかいうやつを姉が持っていたんですけど・・・残念ながら見つかりませんでした。


このポケットピカチュウとハドソン(コナミに買収されました)から出た『てくてくエンジェル』という万歩計ゲームがヒットしたのを皮切りに、多くの歩数計ゲームが市場に登場しました。




続いてはヨーカイザー。
バンダイより1998年7月17日発売。

IMG_1745.jpg


まるでポケモンの如く幽機道(ゆうきどう)、怪機道(かいきどう)の2バージョンが発売されたゲームです。
後々追加バージョンとかなんか色々出てたみたいですが、わたしは最初期のこの2つしか知りません。

万歩計機能付きで歩いて歩数を貯めることで妖怪が出現し、戦って勝つことで仲間にすることが出来る。
目的は様々な妖怪達に出会い、妖怪図鑑を完成させる事。


歩いて妖怪探して、捕まえる。今にして思えばポケモンGOに限りなく近いですね。
これ、結構面白かったんだけどあんまり流行らなかったみたいですね。
わたしの周りには持っている友人が1人もいませんでした。


というのもこれが発売した時には既にデジモンとたまごっちが出ていたというのがね。
この2つはターゲット層もうまいこと分けられて共生していたわけですが、バトルが出来る液晶ゲームという事で既にある程度の地位を確立していたデジモンの枠に、このヨーカイザーが割って入るというのは相当厳しかったんじゃないかな。

また、発売時期があの怪物タイトルポケットモンスターの2作目、金銀と被ったのが致命的でした。
ゲームボーイのソフトなので比較対象としてはちょっとおかしいような気もしますが、全国のちびっこ達の興味は一気にあっちに流れたからなぁ。当時のコロコロコミックとかでも金銀発売で一気に埋もれた感じでした。

発売時期が違えば、割と本気でそれなりに流行ったんじゃないのかなとも思えるゲームでした。






さて、コイツも紹介しておきましょう。
ドラゴンクエスト あるくんです
エニックス(現スクウェアエニックス)から1998年3月に発売。

IMG_1744.jpg

これまたたまごっちに代表される育成ゲームに万歩計機能を合わせたゲーム。
歩数を増やすことでゲーム内のスライムがマップ上を移動するシステム。

マップには平地や草原、海などといった地形があり、歩くことでその地形に対する『なじみ度』が上昇。
そしてなじみ度が一定値に達するとスライムがホイミスライムやマリンスライム等、様々なスライム系モンスターに変化する。

また歩数や条件により、敵モンスターとの戦闘イベント等が発生して、勝つとアイテムが手に入る。
イベント発生時には万歩計の歩数がストップしたりと、万歩計としての機能性よりもゲーム性に重きを置いたデザインとなっている。


これもまぁポケモンと言えばピカチュウ、ドラクエと言えばスライムといった感じで、スライムを愛でるゲームですね。
ちなみに1年後の1999年4月には『ドラゴンクエスト あるくんです2 そして、しあわせに…』も発売されているらしい。こっちは持ってなかったなぁ。







さて、大分前置きが長くなりましたがいよいよ本題ですよ!




デジモンことデジタルモンスター。
1997年6月26日にバンダイより発売。

IMG_1746.jpg


既に成功を収めていたたまごっちを元に、『男の子向けの戦うたまごっち』をコンセプトとして発売。
発売後すぐに大ヒットとはならなかったが、後続のシリーズがリリースされていった結果、小中学生を中心に徐々に知名度と人気は高まっていきました。


一応近未来に突如発生したデジタル生命体を捕獲しキーホルダーサイズの機械の中で育成するというのが大元の設定。
ハッカー(クラッカー)がコンピュータ上でサイバーテロを行うために人工知能を備えさせたウイルスを広めたことがデジモンの始まりで、そのウイルスが世界中のデータを吸収して姿や性質を変え生物のようなものとなったものがデジモンである・・・という、ペットといったイメージが強かったたまごっちと比べると、その名の通りデジタルな感じを全面に押し出した作品になっています。


一番最初に出たのがグレーとブラウンの2色。
確かわたしがグレーで、親父がブラウン買って一緒に育ててたんだよなー。
まぁ最終的に両方ともわたしのものになったわけですけど、ブラウンどっかいっちゃったわ・・・。
ちなみに写真左のオレンジのやつはVer3です。




一番最初に育てたデジモンがアグモン→グレイモン→メタルグレイモンだったなぁ。

1_20170618233029702.jpg



完全体(当時の最上位クラス)のメタルグレイモンになった時は本当に嬉しかったな。
1回くらい勝てるだろ!と何度もバトルを挑んできた友人のデビモンをボコボコにしてた記憶がある。

そんな強かったメタルグレイモンにも、やはり寿命が訪れるわけで。
死んだときの喪失感は凄かった・・・。
余談ですが実はメタルグレイモンは完全体の中では一番弱いんですけどね・・・。




それから攻略本とかも出て、色々なデジモンを育てようとトライしてみたり。
親父から譲り受けたブラウンも使って二刀流で当時最強だったもんざえモンなんかも作りました。

2_201706182330316d8.jpg




デジモンは結構頻繁に新バージョンが発売されて、バージョンによって出てくるデジモンが違うんですよね。
Ver1~5まであったんだけど、わたし自身持ってたデジモンはVer1が2つと、Ver3が1つだけなんだよな。


調べてみたら発売時期はこんな感じらしい。

デジタルモンスターver.1 1997年6月発売・追加カラー11月発売
デジタルモンスターver.2 1997年12月発売・追加カラー2月発売
デジタルモンスターver.3 1998年3月発売
デジタルモンスターver.4 1998年5月発売
デジタルモンスターver.5 1998年7月発売



1~5まで1年ちょいでリリースされてんだなぁ・・・。

その後はデジモンペンデュラムとかなんか色々派生作品が出てるみたいですが・・・わたしが知ってるのは大体Ver5まで。
属性だのジョグレスだのまったくわからんw




あとはわたしが高校くらいの時に出たデジモンミニも見つかった。

IMG_1747.jpg


初代デジモンをそのまんまミニサイズにしたような感じ。

懐かしいなー小学校の頃流行ったよなー!なんて言いながら友人と一緒に買った記憶が。
それからさらに十数年経った今、デジモン20周年Verだって!懐かしいなー!なんて言ってるんだもんなぁ。
男はいつまで経っても少年だな。




そんな元は携帯液晶ゲームだったデジモンですが、アニメやカードゲーム、プレステ等でのゲーム化もしたりと結構広く展開していったんですよね。


わたしの中で特に思い出深いのはアニメのデジモンアドベンチャーですかね。30前後の人は小学生の頃みんなこれ見てたよな!?

主人公のタイチのパートナーがアグモン(グレイモン)だったのも初めて育てたデジモンがメタルグレイモンだったわたしとしては親近感が湧いていたのかもしれません。



マジで未だに最終回のあのシーン覚えてます。
ミミの帽子が風で飛ばされてButter-Flyアカペラバージョンが流れるあのシーンね。泣いたなーあれは。


本当にデジモンアドベンチャーが好きすぎて、終わる時にはもう次からデジモンアドベンチャー02が始まるって分かってたんですけど、初代デジモンロスでなんかあんまり内容も頭に入ってこなくて・・・途中で見るの辞めちゃったなー。


懐かしいなーなんて思いながら適当にググってみたら普通にラストシーンYoutubeで見つかって笑ったw
ホントなんでも見つかっちゃう、なんか怖い世の中だな。






やべーなこれ、完全に最後あの2人(ミミとパルモン)が持ってったな。


そういや主題歌のButter-Flyを歌っていた和田光司さん、去年亡くなられたんですよね・・・。
42歳とまだ若かったのに、上咽頭がんだったそうで。
あの人の前向きな生き方は本当にカッコ良かったと思います。

Butter-Flyと言えばもう同年代の男だけでカラオケに行けば大体だれか1人は歌う・・・っていうくらいの曲で、わたしにとっても非常に思い出深い曲でした。






和田さんの曲は今でもたまに聞きますけど、やはりいいですね。
Butter-Flyのアンサーソングになっているヒラリなんかも好きです。





ちょっと今のデジモンのアニメのシリーズってどうなってんだろう・・・と興味が湧いたので調べてみたのですが・・・今もやってるんですねぇデジモン。



デジモンアドベンチャー tri.とかいうのが一番新しいやつかな?
デジモンアドベンチャーの選ばれし子供達の6年後、高校生となった八神太一らを描いた作品らしい。





あ・・・なんかちょっと見てみたいなw
もう完全にターゲットが初代デジモン勢よね。
6章構成で劇場上映って事で、まだ完結してないんですね。その内機会があったら纏めて見たいな。

むしろ初代が見たくなってきたw
ゲオかどっかであったら全話借りてこよっかなー。



当時はとにかくポケモンが強い時代でしたが、アニメだけでいえばデジモンが圧勝でしたね。












で、君たちは当時空派だったの?

3_201706182330327bb.jpg





それともミミ派だったの?

4_20170618233034b37.jpg




正直に言ってみ?ん?













ぼくはヒカリちゃん!

5_20170618233035c21.jpg



あ、別にロリコンとかではないです。はい。
スポンサーサイト

comment

Secret

2017.06.19.14:26

ぼくはエンジェウーモンちゃん!

2017.06.19.22:10

エンジェウーモンちゃんは露出も多いからね、仕方ないね
プロフィール

nova

Author:nova
つまらない日常とか色々。
食べる事が好き。
モルモット飼ってます。
溺愛。

うさぎの隠れ家
現在プレイ中のゲーム
モンハン4
ポケモンXY
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30